カレンダー / Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール / Profile

あるぱかなう / Alpaca Now

ブログ内検索 / Search in Blog

ブログ記事を検索できます。

最新記事 / New Items

カテゴリ / Category

月別アーカイブ / Archive

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【5件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【7件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【9件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【9件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【13件】
2016年 02月 【14件】
2016年 01月 【23件】
2015年 12月 【6件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【5件】
2015年 07月 【7件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【12件】
2015年 04月 【11件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【36件】
2014年 12月 【3件】
2013年 07月 【12件】
2013年 06月 【2件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【5件】
2011年 09月 【1件】
2010年 06月 【1件】
2010年 03月 【1件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【4件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【2件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【1件】
2009年 07月 【18件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【5件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【26件】
2009年 02月 【16件】
2009年 01月 【13件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【7件】
2008年 10月 【13件】

最新コメント /New Comments

カウンター / Counter

ブログの更新率 / Refresh Rate

リンク / Link

広告 / ADs

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告 ADs

wordpressをブラウザから編集できるようにする

2016.09.24 18:13|ラズパイ / Rasp-Pi
raspberry piにwordpressを入れてみました。

wordpressをブラウザから編集できるようにした時の作業メモです。

初期設定のままだと権限がないので画像などのファイルのアップロードとかができません。

piユーザをwww-dataグループに追加
sudo usermod -aG www-data pi

groups pi
で所属グループを確認できます。

wordpressディレクトリの所有グループを変更します。
ls -l
で変更前の権限確認
drwxr-xr-x 5 pi   pi    4096 Sep 19 02:20 wordpress
こんな感じでした。piユーザ、piグループに所属しています。

所有ユーザとグループをwww-dataに変更します。
sudo chown -R www-data.www-data wordpress


権限を変更します。
find wordpress -type d | sudo xargs chmod 775
find wordpress -type f | sudo xargs chmod 664


これでブラウザ上から編集できるようになりました。
あとは煮るなり焼くなり。


画像編集にphpのGDライブラリが必要でした。
sudo apt-get install php5-gd
でインストールしました。
apacheを再起動します。
sudo /etc/init.d/apache2 restart
スポンサーサイト

広告 ADs

ラズパイでリザーブプロキシ

2016.08.24 02:01|ラズパイ / Rasp-Pi
ラズパイでapacheを立ち上げましたが、
1つのグローバルアドレスで複数台のPCに別のドメインを割り当てたいと思い、apacheのreserve proxyを使ってみました。

参考にしたサイト
Raspberry Pi and Reverse Proxy

まず
a2enmod proxy_http

でプロキシモジュールを有効にします。

次に、
nano /etc/apache2/sites-available/000-default.conf

で設定していきます。


#ラズパイ
<VirtualHost 192.168.1.1:80>

ServerName device1.mydomain.com
ProxyPreserveHost On
ProxyRequests off
ProxyPass / http://192.168.1.1:8080/
ProxyPassReverse / http://192.168.1.1:8080/

</VirtualHost>

#別のホスト
<VirtualHost 192.168.1.1:80>

ServerName device2.mydomain.com
ProxyPreserveHost On
ProxyRequests off
ProxyPass / http://192.168.1.2:8080/
ProxyPassReverse / http://192.168.1.2:8080/

</VirtualHost>


apacheを再起動します。
/etc/init.d/apache2 restart


これで外部からアクセスしたときにドメインごとの振り分けができました。
このラズパイを親玉に子分を増やしていく感じですね。



後で気づきましたが、Dynamic DNSが一つのホスト名しか設定してませんでした。
ping打ったらグローバルIPが変わっていて気づきました。

Dynamic DNSの自動アップデートにはddclientを使用しています。
sudo nano /etc/ddclient.conf

で設定ファイルを編集します。


# Configuration file for ddclient generated by debconf
#
# /etc/ddclient.conf

daemon 600
protocol=dyndns2
use=web, web=checkip.dyndns.com, web-skip='IP Address'
server=members.dyndns.org
login=user
password='123456789'
device1.mydomain.com, device2.mydomain.com

DynDNSを使っている場合はこんな感じです。

必要ないみたいですが一応ddclientを再起動します。
sudo /etc/init.d/ddclient restart

広告 ADs

twitterのreplyを取得

2016.08.22 01:46|ラズパイ / Rasp-Pi
twitterのreplyを取得してみました。

PythonでTwitterのリプライを取得する

を参考にさせてもらっています。

仕組みを理解してないですが、in_reply_to_status_idを
in_reply_to_user_id
にして自分のtwitter idを入れたらreply文が見れました。

twitter idは
Twitter IDチェッカー
で調べました。

今後は、今回取得したreplyに対して返信するようなスクリプトを組んでみたいと思います。

Twythonのドキュメントを見たほうが良いのかもしれない

あと、調べてるとtwythonとtweepyがごちゃ混ぜになってしまった

広告 ADs

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。