カレンダー / Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール / Profile

あるぱかなう / Alpaca Now

ブログ内検索 / Search in Blog

ブログ記事を検索できます。

最新記事 / New Items

カテゴリ / Category

月別アーカイブ / Archive

2017年 09月 【5件】
2017年 08月 【8件】
2017年 07月 【13件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【5件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【7件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【9件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【9件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【13件】
2016年 02月 【14件】
2016年 01月 【23件】
2015年 12月 【6件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【5件】
2015年 07月 【7件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【12件】
2015年 04月 【11件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【36件】
2014年 12月 【3件】
2013年 07月 【12件】
2013年 06月 【2件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【5件】
2011年 09月 【1件】
2010年 06月 【1件】
2010年 03月 【1件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【4件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【2件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【1件】
2009年 07月 【18件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【5件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【26件】
2009年 02月 【16件】
2009年 01月 【13件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【7件】
2008年 10月 【13件】

最新コメント /New Comments

カウンター / Counter

ブログの更新率 / Refresh Rate

リンク / Link

広告 / ADs

Fire Fly 導入

2009.07.17 06:00|CentOS 5.3
*基本的にfallenangelsさんのCentOSで自宅サーバー構築を参考にさせていただいてます。

LANネットワーク内のマシン(iTunes)間でミュージックを共有するため、Firefly(旧mt-daapd)でDAAPサーバーを構築しました。

前提として先にSambaをインストールしておきます。

それでは、順を追って手順を示します(ノ^-^)ノ

Firefly依存パッケージインストール
yum -y install libid3tag-devel sqlite-devel

Fireflyダウンロード
wget http://nightlies.fireflymediaserver.org/nightlies/svn-1586/mt-daapd-svn-1586.tar.gz

Firefly展開
tar zxvf mt-daapd-svn-1586.tar.gz

Firefly展開先ディレクトリへ移動
cd mt-daapd-svn-1586

Fireflyインストール
./configure --enable-sqlite3 && make && make install

Firefly起動スクリプトを所定のディレクトリへコピー
cp contrib/init.d/mt-daapd-fedora /etc/rc.d/init.d/mt-daapd

Firefly設定ファイルを所定のディレクトリへコピー
cp contrib/mt-daapd.conf /usr/local/etc/

Firefly設定ファイル所有者変更
chown nobody:nobody /usr/local/etc/mt-daapd.conf

Firefly展開先ディレクトリを抜ける
cd

Firefly展開先ディレクトリを削除
rm -rf mt-daapd-svn-1586

ダウンロードしたファイルを削除
rm -f mt-daapd-svn-1586.tar.gz

Firefly設定ファイル編集
vi /usr/local/etc/mt-daapd.conf
admin_pw = xxxxxxxx 管理ページアクセスするために任意のパスワードを指定

db_type = sqlite

db_type = sqlite3 データベースタイプとしてsqlite3を指定

mp3_dir /mnt/mp3

mp3_dir /home/mp3

rescan_interval 300 行頭の#を削除してコメント解除(MP3ファイル格納フォルダを5分間隔で再読込み)

Samba設定ファイル編集
vi /etc/samba/smb.conf
以下を最終行へ追加
[mp3]
comment = Music Box
path = /home/mp3
public = yes
writable = yes
only guest = yes

MP3ファイル格納ディレクトリ作成
mkdir /home/mp3

MP3ファイル格納ディレクトリ所有者変更
chown nobody:nobody /home/mp3/

Samba設定反映
/etc/rc.d/init.d/smb reload

Firefly起動スクリプト編集
vi /etc/rc.d/init.d/mt-daapd

        #killall -INT mt-daapd #を追加してコメントアウト(再起動不可対処)
killproc mt-daapd #を削除してコメント解除(再起動不可対処)

Firefly起動
/etc/rc.d/init.d/mt-daapd start

Firefly自動起動設定
chkconfig mt-daapd on


Fireflyの起動を確認
http://サーバーIP:3689/ にアクセスする。設定したパスワードを入力。

WindowsパソコンでiTunesを起動して共有にFireflyがあればOK。


よくわからないのはnobody権限のフォルダに他のユーザで書き込めなかったこと。
nobodyグループってどういう扱いなんでしょう??

共有だからユーザが書き込めるように設定を後で変えます。

chgrpでユーザをnobodyグループにするってのも何か違和感があるな...


あとiTunesでfireflyが見えないときはwindows側でファイアウォールがかかっている可能性があります。
ウィルス対策ソフトでLAN側からのfireflyのアクセスを許可しておきましょう。

ファイルをアップロードするのには文字コードがutf-8に対応しているFileZillaを使ってます。

iTunesでLAN内のどのパソコンからでも見れてるのでこれは便利ですね。

テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ

広告 ADs

コメント

非公開コメント