カレンダー / Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール / Profile

あるぱかなう / Alpaca Now

ブログ内検索 / Search in Blog

ブログ記事を検索できます。

最新記事 / New Items

カテゴリ / Category

月別アーカイブ / Archive

2017年 08月 【5件】
2017年 07月 【13件】
2017年 06月 【8件】
2017年 05月 【2件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【15件】
2017年 02月 【5件】
2017年 01月 【8件】
2016年 12月 【7件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【9件】
2016年 09月 【5件】
2016年 08月 【9件】
2016年 07月 【6件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【12件】
2016年 03月 【13件】
2016年 02月 【14件】
2016年 01月 【23件】
2015年 12月 【6件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【4件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【5件】
2015年 07月 【7件】
2015年 06月 【2件】
2015年 05月 【12件】
2015年 04月 【11件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【18件】
2015年 01月 【36件】
2014年 12月 【3件】
2013年 07月 【12件】
2013年 06月 【2件】
2011年 11月 【1件】
2011年 10月 【5件】
2011年 09月 【1件】
2010年 06月 【1件】
2010年 03月 【1件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【4件】
2009年 11月 【4件】
2009年 10月 【2件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【1件】
2009年 07月 【18件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【5件】
2009年 04月 【1件】
2009年 03月 【26件】
2009年 02月 【16件】
2009年 01月 【13件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【7件】
2008年 10月 【13件】

最新コメント /New Comments

カウンター / Counter

ブログの更新率 / Refresh Rate

リンク / Link

広告 / ADs

FedoraをUSBメモリで起動

2009.02.18 12:29|Fedora
liveusb-creator-logo.pngFedora をUSBメモリにインストールしてWindows上から起動する方法があるようなので試してみました。
vine_userさんの『独学Linux:Fedora9をUSBメモリにインストールする方法 - livedoor Blog(ブログ)』を参考にさせていただいてます。

学校とか家でメールの設定を毎回するのが面倒に思っていて、USB起動できるLinuxか、アドレス帳だけでも同期できるようにオンラインアドレス帳のRipplexにしようか悩んで、オンラインだとちょっと情報漏れが怖いので、USB Linuxを試してみることにしました。

Ubuntu とか KNOPPIX もUSB起動できるようなのですが、CDが必要だったり一手間かかりそうなので、一番簡単で早そうなFedoraにしてみました。

用意したもの。
・パソコン:Shuttle KPC K45
・OS: Windows XP
・USBメモリ:BUFFALO USBメモリ 8GB (念のため、フォーマットしておきました。FAT32です。)

まず、liveusb-creatorからliveusb-creator-3.2.zipをダウンロードします。

10.jpg

USBメモリを挿した状態でフォルダ内のliveusb-creator.exeを起動します。






2.jpg

CDは使わないので、Download FedoraからFedora 10 を選択します。

Target Device はUSBを挿した状態だと自動認識しています。

Persistent Overlayは保存するための領域です。8GBあるのに2GBまでしか選べない?とりあえず最大限使ってみました。

設定が終わったらCreate Live USBをクリックします。

6分ちょいで終わってしまいました。早っ



3.jpg


マイコンピュータを見るとUSBの名前がFEDORAになってました。成功したようですね。



次にBIOSの設定をします。ここからは個人的に設定する感じになります。





BIOS設定:Shuttle KPC K45の場合

7.jpg


Shuttleのロゴ画面でDeleteキーを押します。

するとBIOS画面が起動するので、Integrated Peripheralsを選択。






9.jpg



USB起動できるようにBUFFALO USB Flash Disk 3.1HDD Modeにします。







5.jpg



設定が終わったらSaveして再起動します。








4.jpg

今度はShuttleのロゴ画面でEscキーを押して起動デバイスを選択します。



USB-HDDとして認識されているのでこれを選択してFedoraを起動します。





起動後、最初に言語選択画面が現れて、パスワードなしでそのまま入れました。
suでrootになるのもパスワード要りませんでした。
キーボードの日本語入力の設定はしないといけないみたいです。
こんな感じで
su -
yum groupinstall 'Japanese Support' --exclude=xorg-x11-server-Xorg

半角/全角キーでの入れ替えができなかったので、変換キーとかで適当に切り替えてます。

普通に動きそうなので学校での簡単なメールチェックとかに使おうと思います。
ノートパソコン持ち歩くより断然軽くていいですね。

スクリーンショットを撮ってみました↓
Screenshot_convert_20090218153022.png

テーマ:コンピュータ
ジャンル:コンピュータ

タグ:shuttle k45 linux fedora usb起動

広告 ADs

コメント

トラバ反映しました。

トラックバック,どうもありがとうございました。

2通届いていましたが,同じ記事のもののようですので,片方だけ反映させておきました。

今後とも,よろしくお願いします。

非公開コメント